有給休暇の消滅時効とは

有給休暇が使える社員とは


法律上では入社後半年以上経過し、出勤率が「80%」以上の社員が支給対象
とされています。

これに当てはまらない場合は会社の意向によって支給対象外とすることができます。
つまりどんなにまじめな人でも入社したてでは本来利用できないのです。


消滅時効とは


有給は支給されてから2年間が時効となっています。
これは労働基準法で定められているのですが、その消費方法は社内規定により異なります。

どういう事かというと有給の消化は支給された古いものから消化していくのか
新しいものから消化していくのかによって時効によって消滅される日数が違ってくるからです。

なるべく有給を使わせたくない会社側からすると新しいものから消化するように
設定したいでしょう。
しかし社員は当然反対の意見だと思います。
どちらにしろトラブルにならないよう社内規定にどちらかはっきり記載しておくほうがいいと思います。

また、会社によっては消滅時効をむかえた有給を一定の金額で買い戻すという制度をとっているところもあります。
これもうまく使えば有給の使いにくい会社体制でも社員に不満を与えにくくすることができるでしょう。